50歳で脱サラ。セミリタイアを夢見るおっさんの日記。

目標もなくダラダラと会社員続けてますが、決めました。
50歳で脱サラ目指します。
貯蓄額の備忘録用として、ブログに記載していこうと思います。

忘年会

年の瀬も迫る今日この頃、サラリーマンをやっていた私は12月が一番好きでした。
一応、まだサラリーマンですが、、、


まず、お金。
12月はボーナスが入るのに加え、年末調整、株の配当等何かとお金が入り懐が温かくなります。


また、正月が近く、少し頑張れば長期休暇を取得出来るのもうれしかったりします。


世の中は、若者はクリスマス・サラリーマンは忘年会で忙しく、師走の名の通り世の中が慌ただしく動いている感覚が好きでした。


サラリーマンという列車を降りてしまった私は、何の変哲もない日々を過ごしております。




年末に予定していた忘年会はほぼ全てキャンセルにしました。
会社に行ってないのに忘年会に行くわけもなく、行きたくもないです。


今日はその中で一つだけ残った高校の友人の忘年会に行きます。


仲良かった数人で毎年集まっています。


去年までは、私含めサラリーマン3人・地方議員1人・社長2人・自営業1人。こんな感じの集まりです。ちなみに、社長といっても従業員1人とか数人の会社のようです。


一昨年はこのメンバーと錦糸町で飲みました。
昨年は新橋で飲みました。


一年後に会社辞めているとは思いもしませんでした。今日はみんなにカミングアウト予定です。






喫緊の課題

自分の場合、うつ病の診断書を取得することが可能です。


私の会社はこの診断書を提出すれば、確か2年近く休職できたはずです。
この期間は一定の収入を得ることが可能です。


ただし、私はそこまで会社に迷惑をかけたくなく、現在は退職の方向で話中です。


といっても、直接話すことができない状況なので、メールで退職の方向で進めて欲しい旨を連絡しています。
退職の場合、基本総務部門が色々と動いていると思います。
私の場合は病気が退職の理由になっているので、法務も入っているのかも?


いずれにせよ、そう長くない将来に無事無職となると思います。



無職に向けた喫緊の課題が、「住居」です。


私はずっと賃貸に住んでいました。
それなりの収入を得ていたのでそれなりの家を借りていますが、今後の収入では今の家を借り続けることは無理です。
将来はどっかに安い家を買おうとも思っていますが、今すぐ家買うことも出来ません。


自分の選択肢としては以下の3つを考えています。


1.安いワンルームとかに引っ越す


東京でも探せば安い住居はいっぱいあります。狭くてもいいです。
今の家は結構広いですが、昼間はリビングのこたつ。夜はそのこたつで寝ています。
寝室なんてほとんど使ってないので、今もワンルームに住んでるようなものです。


2.彼女の家に転がり込む


彼女は働いているので、昼間は一人になれます。
お金もかからないので、無職にはとても良い選択の一つです。借り上げ住宅なので、彼女自身も部屋代は払っていません。
ただ、とても狭い&喧嘩しても部屋は一つ。
長い期間その生活は現実的ではないと思います。


3.兄弟の家に引っ越す


私には兄弟がいます。今は都内の3LDKのマンションに一人で住んでいます。
部屋余っているのでそこの一部屋に住む事が可能です。
これの問題は、この兄弟は現在無職。さらに、無職のくせに何故か金遣いが荒いのです。
友達も多く、いっつも飲み歩いているようで、それに付き合わされ散財させられそうな気がします。


一番気が楽なのが、1番の選択です。心はそれに傾いているのですが、1番の選択の場合、完全引きこもりになる可能性がとてつもなく高そうな気がします。
誰かと一緒に住めば、無理にでもたたき起こされそうですが、今の状態で一人暮らしはとてもリスクが高い気がします。


時間はあるのでその内決めようと思ってましたが、そろそろ決めないとまずいです。
今週中には方向性を決めたいと思います。



お金の心配

セミリタイヤを考え始めた時に真っ先に考えたのがお金についてでした。


いくらあれば、不自由しない生活が送れるのか?
いくらあれば、老後も安心して暮らせるのか?


結果、今のところ答えは出ていません。


実際、今は普通の給料頂いているし、困るのはこれからなので、そこで答えが出るのでしょう。


ですが、今考えているのは、それなりであればそれなり生きて行けるのでは?って気持ちの方が強くなってきました。
これを考えてからお金の計算はしなくなりました。
うつになってから計算するのが面倒になったって理由もあると思います。


自分がおかれた状況を理解して自分の状況に見合った出費を心がければ何とかなるのではないか?
私は完全リタイアではなく、あくまでも何らかの仕事はしたいと考えています。
年齢的にも、今の病気を考えても、そもそもセミリタイアを考えた時点で退職後の再就職は全く考えてません。
でも、何らかの自分が出来る仕事はしたいと考えています。


そういえば先週末に、恐らくは自分の人生で最後になるであろうと思われるボーナスが振り込まれていました。
人生最後と思われるので振り込み金額を記録しておこうと思います。
支給総額は残念ながら会社のパソコンで見ないと分かりません。


高校は進学高でしたが、大学は1浪しFラン大。卒業し入った会社は中小企業でした。
そこで頑張ってたら今の会社に引き抜かれ、その会社では21年勤務出来ました。
40歳前後になると肩たたきでいなくなる人も多い中、何とか勤務を継続出来ました。
最後は病気になり、自ら退職へと進んでます。


花束もらって嬉し涙を流しながら退職する人がいました。
セクハラで半ば強制的に会社やめる人もいました。
事業の縮小で部署自体無くなって辞めていった人たちも見ました。


自分の場合は最後にたった10分会議室で会話して終わりでした。
会社にいると過呼吸と震えで会話出来ない状態だったので仕方ないですね。
見送りなんて当然ゼロ。送別会は声がかかっても行かないつもりです。行きたくない。




そんな私の最後のボーナスは、、、




やっぱり書くのやめます。何となく書かない方が良い気がしてきました。